EnCube(インキューブ)でズボラな私が英語を話せるようになった理由

スマホで動画を見るだけで「英語を話せる」「聞き取れる」「理解できる」と話題の英語カリキュラム『Encube(インキューブ)』

『本当に動画を見るだけで英語を理解することができるの?』とお考えのあなた!

かつて、英会話スクールやオンライン講座で英会話を習得しようとしたものの、全て途中で投げ出していた私がこっそりと調査をしてみた結果…スゴいスキルが身についちゃいました!

今回は、EnCubeの魅力を紹介したいと思います。

Encube(インキューブ)のHPを見る

EnCube(インキューブ)との出会い

EnCubeのイメージ画像

株式会社INKが展開している英会話カリキュラムEnCube(インキューブ)。

※EnCube(インキューブ)の運営会社「株式会社INK」について

出会ったきっかけは今も交際している彼氏でした。

昨年の冬、いつも通りおしゃれなカフェで彼氏と待ち合わせをしていた私は珍しく遅刻。

30分ほど遅れてから到着し、彼氏に謝ると

『全然いいよ!俺、英語の勉強してたから』とのこと。

『いや、動画見ていただけじゃないの?』と私が聞くと

『動画を観覧するだけでスッと頭に入ってくるんだよ〜。良い時代だよなぁ』と返答が。

(動画を見るだけで英語の勉強?私は高い料金を払って何回も挫折してきたのに、そんなこと方法、あるのかなぁ…)

とデート中なのにも関わらず私はずっとモヤモヤしていました(笑)

思い切って『さっき見ていた英語の動画ってなんてやつなの?』と彼氏に聞くと

『あぁさっきの?EnCubeって検索してごらん。すぐに出てくるからさ!』と教えてくれました。

家に帰ってから実際に調べてみたところ…私はすぐにEnCube(インキューブ)を受講することを決定しました!

EnCubeの講師を努めているのは多くの教育関連メディアに掲載されている英会話講師イムラン・スィディキ先生

※EnCube(インキューブ)の講師「イムラン・スィディキ」について

先生は、日本人の生徒たちが英語を勉強する際にコミュニケーションよりも文字を書くことを中心にしていることに疑問を持っていました。

英語の単語や文章をひたすら書いて覚えてを繰り返し、試験で高得点を取ってもコミュニケーションができなければ意味がありません。

Encube(インキューブ)のHPを見る

EnCubeの英会話教材を使ってみた感想

EnCubeの英会話教材を使ってみた感想のイメージ画像

ズバリ申し上げましょう。EnCubeを使用してみたところ…一般レベルよりも下だった私の英語力が飛躍的に向上しました!

その理由とは…

まずは、EnCubeを受講してみて良かった点をご紹介したいと思います。

EnCubeの良かった点

① 生活の中によくある微妙な隙間時間で勉強できる

通勤電車の中はもちろんのこと、お昼休憩、寝る前の時間、予定よりちょっと早く着いてしまった場合の時間などなど…私たちの生活の中には微妙な隙間時間が存在しています。

EnCubeはこんな時間を利用して英語に触れることができるのです。なぜなら、EnCubeが提供しているカリキュラムは、生活の中によくある状況を想定した10分程度の動画を朝と夜に観るだけ

仕事終わりに1時間も2時間も勉強の時間を設ける必要がないのです。仕事に没頭しているビジネスパーソンには嬉しいですよね。

「えっ?10分だけで喋れるようになるの?」と思う方もいるでしょう。実は、長時間勉強してしまうと、英語のスキルは逆に身につきにくくなってしまうことが統計的に表れています。

長い時間、知らないことについて勉強しているとせいぜい覚えているのは最初と最後の5分だけ。残りの時間は全くの無駄になってしまうわけです。

であれば、短い時間に1つのQ&Aのシチュエーションをセットにしてインプットしていけば、自分の中の引き出しはどんどん増えていき、成果は右肩上がりになっていきます。

② 英語の知識が無くてもカリキュラムに付いていける

恥ずかしい話、私は「英語を習得しよう!」という意欲やヤル気は十分にありましたが、いかんせん実力は普通の学校レベル以下で上記のとおり数々の挫折をしてきました。

某駅前英会話スクールに通っても詰め込み式の教え方について行けなかったりして精神的に辛かったです。

しかし、EnCubeでは「4段階スモールステップ」というものを採用していて全く英語に自信がない方でもしっかりと、そして確実にネイティブレベルの英語をイメージし、話せるようになることができます。

「自分は本当に英語がわからない」「0から英語を覚えたい!」という方にはピッタリですね。

③ イムラン・スィディキ先生の解説がとにかく理解しやすい

EnCube以前にも、日本で長い間英会話教育を実施してきたイムラン・スィディキ先生。

そんな実績のある先生だからこそ、日本人にとってわかりやすいコンテンツを提供することが可能なのです。

英会話を文字で覚えるのではなく発音などの「音」で覚えるということに重きを置おいており、ペンや紙を用意しなくても正しい文法で英語を表現できるようになります。

EnCubeの悪かった点

さて、EnCubeの良いことろばかり紹介してきましたが、個人的に「ここはちょっとなぁ…」という点があったので参考にしてみてください。

① ネイティブレベルの英語をしゃべるには、やっぱり時間がかかる

当たり前のことなのですが、先生のようなネイティブレベルの英語を駆使して英会話をするには時間がかかってしまいます。

動画は10分程度のものだけですが、1回見ただけではとてもじゃありませんがネイティブレベルの英語は習得できません。

事実、EnCubeでは現在割引キャンペーンを実施していますが、効果を実感してもらうために4ヶ月の継続契約を条件としています。

※EnCube(インキューブ)の価格ははっきり言って安い

② 外国人、日本人講師と対面するカリキュラムがない

EnCubeの教育プログラムは動画コンテンツのみとなっており、対面で講師と話すということがありません。

私は「分からないことがあればすぐに聞いて解決したい」という性格であったので動画のみというのは少し不安でした。

しかし、カリキュラムを進めていくうちに慣れていき、今では動画でないと学習内容が入ってこないほどです(笑)

Encube(インキューブ)のHPを見る

EnCubeで英語が話せるようになったと実感した驚きの効果

EnCubeで英語が話せるようになったと実感した驚きの効果のイメージ画像

これまで、旅行はもっぱら国内だった私はEnCubeでネイティブレベルの英語を習得したことにより海外旅行の計画を立て、念願のアメリカへ行ってきました。

これまで、現地の人としゃべるときは異様なまで身振り手振りをしたり、言語翻訳機に頼っていたりしたり、なんとなくの感覚で喋っていましたが、相手とスムーズに会話をすることができてカッコいい大人になったなぁとちょっぴり浮かれていました(笑)

これは、EnCubeにある『バーチャル・スピーキング』というカリキュラムの賜物だと思いました。このカリキュラムでは、日々体験するリアルなシチュエーションを軸にコミュニケーションを取るというもので、現地の人と喋るにはピッタリの経験でした。

Encube(インキューブ)のHPを見る

EnCubeはどんな人におすすめ?

EnCubeはどんな人におすすめ?のイメージ画像

EnCubeは

・平日や土日にまとまった英語を勉強する時間が中々取れない方

・教室や対面講座がないので自己管理が出来る方

・場所や環境を選ばず実践的な勉強をしたい方

・英語の専門スキルが全くない方

・確実にネイティブレベルの英会話が出来るようになりたい方

の他に

・1つの教室で複数人と一緒に英語を学ぶことに抵抗のある人見知りの方

・引っ込み思案の方

は必見です。

動画であれば、自分のペースを乱すことなくじっくりと英語をインプット・アウトプットすることが可能です。

※EnCube(インキューブ)の口コミや評価をネットで調べてみた Encube(インキューブ)のHPを見る

あとがき

あとがきのイメージ画像

いかがでしたか?

短い時間でじっくりと自分の機能的な英会話スキルを高められるEnCube。

対面式の受講ではなく動画という現代にマッチしたカリキュラムで、ネイティブレベルのカッコいい英語を発話することができます。

私は、EnCubeで得ることができたネイティブレベルの英語を武器に、無事翻訳家に転職することができました。

とても恵まれているとは言えなかった職を変えることができたのは、EnCubeのおかげと言っても過言ではありません。

みなさんもEnCubeで自分の人生を変えてみませんか?英語が喋れるというだけで、見る世界がまるっきり違い充実した生活を送ることができますよ!国際結婚なんかも夢じゃないかもしれません!ぜひ、以下のリンクをチェックしてみてくださいね。

Encube(インキューブ)のHPを見る